施工事例 広々LDK ハイブリッドソーラーハウス

施工事例 広々LDK 外観
施工事例

 自然素材 長期優良住宅

ハイブリッドソーラーハウス 自然エネルギーの太陽熱を使って床暖房とお湯づくり。

年間に家庭で使用するエネルギーのうち、約6割(給湯28.3%+ 暖房26.7%)は給湯と暖房の熱エネルギー。

ハイブリッドソーラーハウス は太陽熱を上手に利用することによって、6割程度削減することができます。

ハイブリッドソーラーハウス について詳しくはこちら→ 

ハイブリッドソーラーハウス で広々LDKを実現!!

ハイブリッドソーラーハウス ならでは!家中丸ごと暖房だからできる廊下のない間取り。その分リビングや部屋を広くすることができます。

もちろん、効率的な冷暖房をする為には断熱が重要。セルロース断熱材を使って、省エネルギー対策(断熱)等級4※最高レベルにしています。

耐震等級3

広々とした空間をつくりたい!地震に強い(耐震等級3)家にしたい!

相反するようなご希望も構造計算をしてクリアしました。

リビング

施工事例 広々LDK

施工事例 広々LDK キッチンを見る

施工事例 広々LDK 畳コーナー

広々LDK23帖。畳コーナーも設けました。

床/ 京都府内産 無垢材 ヒノキフローリング

キッチン

施工事例 広々LDK キッチン

タカラスタンダード ホーローシステムキッチン。

洗面室

施工事例 広々LDK 洗面所

キッチンのすぐそばに洗面所を配置しました。家事動線がスムーズで時短になりますね。扉の上には欄間を設け、洗面所も明るくなりました。

小屋裏収納庫

施工事例 広々LDK 小屋裏収納庫

小屋裏部分の収納です。階段が付いているので荷物の出し入れもスムーズにできます。

玄関収納

玄関横には収納があります。家族分の靴はもちろん、ベビーカーやゴルフバック等、それぞれの生活スタイルに合わせて使っていただけます。

ハイブリッドソーラーハウス のしくみ

ヒノキのフローリングの下には床暖房の配管があります。この配管の中を太陽熱であたためた温水が通り、熱を床に蓄えて、その熱を室内へ放出。床暖房のしくみです!

屋根パネル。ここで太陽熱を蓄えます。1階床面積の30%の面積のパネルを載せます。

ポンプユニット。370リットルのお湯を作ります。夏はタンク内のお湯の温度が65°くらいまで上がります。実際に使うお風呂などの設定温度が40°~42°くらいなので、実際は370リットル以上のお湯を使うことができます。

三原工務店の家づくりのこだわりについて詳しくはこちらもご覧ください。三原工務店の家づくり