家と健康 の深い関係

家族が健康になる家づくり

家と健康 の深い関係 絶対今よりいい家にしたい

無駄なエネルギーを使わずに”健康に暮らす”これからの家づくり

家の断熱性能を高めると!

    • 冬も夏も熱の流出入が抑えられ、冷暖房効率が良くなります。
    • 暑さ寒さをガマンすることなく、節電しながら快適に過ごすことができます。
    • 家の中に温度差がなくなります。ヒートショックの心配も少なく安心です。
    • 光熱費も節約できます。
    • 健康省エネ ダブルの効果があります。

家と健康 の深い関係、家からの熱の流出入の割合

熱は家のどこからでも出たり入ったりできます。外部に面する窓、壁、床、天井(屋根)のすべてから。
そこで、熱が自由に出入りできないように窓、壁、床、天井(屋根)の断熱性能を上げると、冷暖房効率が高まり、暑さ寒さをガマンすることなく、節電しながら快適に過ごすことができます。

高断熱性能にすることで家の中に温度差がなくなります。ヒートショックの心配も少なく安心です。

病気も家庭内事故も冬に死亡の割合が多いのはなぜでしょう?
家と健康 の深い関係、家庭内事故も冬に死亡の割合が多いのはなぜ

病気による死亡の割合は、病気の内容にかかわらず冬に増加。
事故による死亡は溺死・転倒など、家庭内の事故が冬に多く発生。
交通事故より家庭内事故での死亡が多いことに驚かされますが、やはり理由があるのです。

冬場のトイレや浴室、脱衣室で感じる急激な温度変化が体へのストレスになります。血圧の急上昇が大きな負担となります。
死因の多くには家の中の温度差が深く関係しています。

 

■ヒートショックとは

ヒートショックとは急激な温度変化が体に及ぼす影響のこと。
室温の変化により、血圧が急激に上昇、低下したり、脈拍が早くなったりする状態のことをいいます。心臓にも負担がかかるので心筋梗塞や、脳梗塞などにつながる危険な状態です。

■ヒートショックの原因

ヒートショックは冬に起こりやすい。
お風呂に入るとき、脱衣室に暖房をする習慣はありますか?トイレを暖房していますか?
部屋間の温度差が10℃以上になるとヒートショックを起こす可能性が高いといわれています。
たいていの場合、脱衣室は寒く、お風呂の中も寒い状態です。暖かい部屋から寒い脱衣室へ行き、服を脱ぐと血圧は上昇します。次に暖かいお湯につかると、血管が広がり血圧は低下。この急激な血圧の変化が、浴室での事故の原因となります。
トイレも同じく体を露出する場所なので、同様のことが起こる可能性が高くなります。

■対策

重要なのは、家の中に温度差をつくらない事です。
脱衣室や浴室、トイレを暖房すると効果的です。
さらに、家の断熱性能を強化することで、外気温の影響を最小限に抑えることができます。

■断熱性能強化のすすめ

部屋全体が暖まっている「適温」での生活が、血圧の上昇を抑え、安定化に効果的であることが分かっています。家の断熱性能を高めることで、外気温の影響を最小限にして、快適な環境で過ごすことができます。

 

引っ越しをして健康が改善!?

家と健康の深い関係、気管支喘息やアトピー性皮膚炎、のどの痛み、せきにおける改善率と転居した住宅の断熱性能との関係

断熱性能の高い家に住み替えた方の転居前と転居後で健康状態がどのように変化したか?という調査結果です。
断熱性能の高い家に住み替えた方が、ぜんそくアトピー性皮膚炎、のどの痛み、せきにおける改善率の高さは注目に値します。
断熱性能の高い家を建てることが健康のヒケツです!

無垢材のもつ蓄熱効果

木を接着剤で貼り合わせた床材、合板フローリングは、見た目が綺麗で、表面は硬くて傷がつきにくいと、よく使われています。
しかし、冷たい!スリッパはかかせません。足元が冷たいとすごく寒く感じます。

室内は暖かいとはいえ足元が冷たいという生活は、体が冷える原因です。寒さを感じなくても体は冷えきってしまいます。
冷えは万病のもと、冷えないように対策が必要です。

無垢材の場合、木の内部の空洞が断熱効果のある空気層となるため、室内の温かい空気が床にも伝わりその熱を蓄熱します。
なので、冷たく感じないのです。意外と知られていない無垢材の蓄熱効果。健康面からもおすすめしています。

省エネリフォームのすすめ

新築でなくても、リフォームでも断熱性能を上げることは可能です。
床、壁、天井の断熱性能を上げるのはもちろんですが、もっと簡単にという方には窓の改修をおすすめしています。
熱の約5割は窓部分から逃げてしまいます。今ある窓にプラスして内窓を設置する事で逃げる熱の量を大幅にカットできます。

省エネリフォームのすすめ →

ハイブリッドソーラーハウスは効果大

ハイブリッドソーラーハウスは24時間家中を暖房する為、家の中に温度差がありません。
ヒートショック対策としては最適です。

ハイブリッドソーラーハウス →

お気軽にお問い合わせください。0120-642-168受付時間 9:00-18:00 水曜日休み

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。