ハイブリッドソーラーハウス 太陽の恵みと暮らすあたたかい家

ハイブリッドソーラーハウス

家の中はいつもいい季節
太陽熱を床に蓄熱して、1階全室、トイレ・洗面所も床暖房するから、家中丸ごと24時間暖房
音なし・風なし・臭いなしの輻射熱で温めるから、空気も汚さずクリーンな環境で健康的。
真冬でも素足で歩けます。

ハイブリッドソーラーハウスは、わずかな太陽熱でも24時間の暖房ができるよう、熱ロスをできる限り押さえる建物の工夫と、コンピュータ制御で太陽熱を効率よく暖房・給湯に利用出来る最新のソーラー技術を組み合わせた家です。

夏暑い日には冷房をガンガンかけて冷やす。冬寒い日には部屋を閉め切って 暖房 をつける。就寝時には暖房を止めて、朝にはまた寒い部屋に暖房をつける。これでは光熱費もかかり、結露しやすく、ダニ・カビの発生しやすい家になってしまいます。ダニ・カビの発生も押さえて、快適な家にするには家全体の温度差をなくし、昼夜も同じ温度を保つ事が大切です。

ところが、高断熱住宅でも 24時間暖房 に必要なエネルギー量は2~3倍に増えてしまいます。そこで取り組みを始めたのが太陽熱 利用して24時間床暖房を行う「ハイブリッドソーラーハウス」です。
ひと冬の 暖房 エネルギーの約3分の2を太陽熱でまかなえるので、これまでと同じか、場合によっては少ないエネルギー量で24時間暖房が可能です。

ハイブリッドソーラーハウス のしくみ

ハイブリッドソーラーハウス概要図
屋根パネル内で熱媒液(不凍液)を温める → 床下コンクリートに熱を蓄える(蓄熱) → 屋根に戻って熱媒液を温める

この繰り返しで、床下に充分熱を蓄えて、温まった床下コンクリートが部屋の中へ放熱するというしくみ
熱媒液を循環させている、単純な構造です。

夏は、床に蓄熱させないようにして、外に置くタンク(370リットル)でお湯をつくります。70度にも温度が上がるので、ふんだんにお湯が使えます。

ハイブリッドソーラーハウスなら、一年中快適に過ごせる3つの運転モード

ハイブリッドソーラーハウス3つの運転モード

ハイブリッドソーラーハウスのメリット

  1. 奥様の冷え性を解消:遠赤外線効果が体の芯から暖め血行を促進します
  2. ご主人のストレスを解消:穏やかな暖房感が心地良い熟睡を誘います
  3. お子様の喘息やアトピー症状を緩和: 床暖房だから空気を汚しません
  4. お年寄りのヒートショックを防止:トイレも暖かい家一軒まるごと暖房で安心です
  5. 家族みんなが優しく穏やかに:自然の恵みで暮らす実感が気持ちに反映します
  6. 広がり空間の設計: 床暖房だから大きな吹抜けの設計も可能にします
  7. 建物の耐久性が向上: 結露の発生を抑え、木材の腐敗をふせぎます

寒くない暖房

寒さにお困りの方におすすめです。

  • 朝起きるのがつらい
  • 布団からでたくない
  • 足が冷たい
  • 廊下やトイレ、洗面所、お風呂が寒い
  • こたつから出たくない
  • 結露が嫌だ

床面温度が22℃程度、室温が20℃程度と一定で、家の中の温度差が少ないので寒さを感じません。

<お客様の声>
自然エネルギーを活用する生活スタイルは幸福感も増し
寒い朝でもさっと布団から出られるし、夜中のトイレも気にならない
家が体を良い状態にしてくれました!

音なし・風なし・臭いなし

エアコンの風が苦手という方も多いのではないでしょうか。
ハイブリッドソーラーシステム床暖房は自然放熱です。音なし・風なし・臭いなし!
蓄熱された熱をゆっくりと放熱。室内を暖房するので、通常の床暖房とは違い、低い温度でも部屋全体がやさしい暖かさになります。

ダニやカビ がほとんどない安全で健康な家

部屋の温度が低下すると発生する結露。この結露ダニやカビの繁殖の温床となり、アトピーなどの増加につながっています。
通常、暖房を切る夜間から朝にかけて空気中の水分が家のあちこちで結露し、カビの発生を促進しています。カビが発生するということはダニが繁殖するということ。
ハイブリッドソーラーハウスなら、24時間床暖房で、気温の低下による結露が起きません。ダニやカビの発生を大幅に抑制する事ができます。

ハイブリッドソーラーハウスダニ未検出

高齢者にも優しい住まい

ヒートショックは家の中の温度差をなくすことで防げます。
「温度のバリアフリー」を可能にしたハイブリッドソーラーハウスなら、ヒートショックの危険性が激減します。

京都市伏見区 I様が自邸(3階建)の各部屋の温度を計測してくださいました。
下記データより、外気温は当然朝晩、昼との温度に上下がありますが、室内温度は一定になっています。
2階居室(リビング)に吹抜けがあります。2階居室と3階吹き抜け上に温度差がないのが分かります。

室温(2012/10/27~11/5)

I様邸室温データ
※室温は実測値。外気温は気象庁データより(京都市)。
※30~38℃の太陽熱温水を1階床下に流している。ガスによる追い炊きはなし。

I様の住んでみての感想です。

  • 暖房 は、1階の床暖房から上がって来る暖気のみで、2月の朝でも17℃程度だった。
  • 吹抜け 上部の室温と、2階LDKの室温は変わらない。(LDKに吹き抜けがあります)
  • 蓄熱暖房 なので熱が逃げにくい、窓を開放しても、すぐに室温が元に戻る。
  • 「寒くない」暖房 床面の温度が22℃程度、室温が20℃程度。家のなかの温度差が少ないので、寒さを感じない。
  • 冬のガス代は一定かかる 従来(太陽熱利用なし/時限局所暖房)の年間ガス代と同等程度で、24時間全館暖房を実現できる。ガス以外の暖房エネルギー源(電気・灯油等)の使用は減らせる。ガス使用量の削減は難しい。

解放感のある間取り

家中丸ごと暖房だからできる廊下のない間取り。その分リビングや部屋を広くすることができます。
1階と2階を吹抜けでつなぐ間取りの工夫で、冬は床暖房で、夏は1台のエアコンで家全体を十分に快適温度にすることができます。
モデルハウス「桃山の家」 ハイブリッドソーラーハウス

太陽熱だからエコロジー&経済的

日本の家庭用用途別エネルギーの消費量

 

 

 

年間に家庭で使用するエネルギーのうち、約6割(給湯31.2%+ 暖房25.9%)は給湯暖房の熱エネルギー。
ハイブリッドソーラーハウス太陽熱を上手に利用することによって、6割程度削減することができます。

 

 

太陽光発電より優れもの?!
年間で集めるエネルギーは太陽光発電の4~5倍!
実は太陽を利用するシステムの中で最も優れもの、1番効率が良いのが太陽熱温水器!熱は熱のままで利用するのが賢い使い方!
電気はとても便利で身近。電気でしか動かせないものは沢山あります。しかし自然エネルギーでまかなえるものも沢山あります。限りあるエネルギーです。上手に使い分けてエコロジー&経済的に!

効果を知るには体感するのが一番です! モデルハウス見学できます!
連絡はこちらまで フリーダイヤル 0120-642-168

三原工務店の家づくり

お気軽にお問い合わせください。0120-642-168受付時間 9:00-18:00 水曜日休み

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。