家族のふれあいを大切にする家づくり

私たちは、木の優しさ無垢材の香りの良さを生かし、
家の温もり、家族の暖かさ、家族の会話を大事に考えた間取りづくり、
家族が健康で安全に暮らせる家づくりをしています。

家族のふれあいを大切にする間取り

子供が孤立しない間取り、家族と必ず顔を合わせるリビング階段などをご提案し、自然と会話が弾み、家族のふれあいを大切にできる家づくりを目指しています。

京都の注文住宅は三原工務店 イメージ図1

ハイブリッドソーラーハウス 太陽熱を取り入れたシステムです
音・風・においのない24時間暖房

近年では地球温暖化の影響で一年のうち6ヶ月は真夏の気候となりつつあります。三原工務店では、夏の暑さ冬の寒さ対策に、宇宙産業から生まれた遮熱材「遮熱シート」を使用した外張り断熱工法による高気密・高断熱の家を建てています。そして省エネルギーで効率よく24時間暖房と給湯を行える「ハイブリッドソーラーハウス」をお勧めしています。

ハイブリッドソーラーハウスはその名の通り太陽の家。太陽熱を効率よく循環させて冬には昼も夜も家を暖め、暖房を使わない季節には給湯に使えるシステムです。

エアコンで風を送り続ける暖房とは違い、音も風もにおいもなく一日中家を快適な温度に保ち、家の中のどこも寒くなく、温度差がありません。もちろん室内の温度差から発生する結露もありません。

床暖房の温度は虫が住むには高すぎるので、ダニやカビの発生もなく、床暖房なので、湿気も少なく、結露もありません。やわらかい暖房と給湯システムです。

冬は素足で気持ち良く生活でき、老齢を迎えても、万一病気などになったとしても安全で安心して暮らせる住まいです。

安全な自然素材と天然無垢材のこだわり

高温多湿の日本の気候・風土に合った「木と土と紙と草」で作る自然素材は、湿気を調節する機能があり、自然環境を汚さず、家族の健康を守る住宅になります。
高気密の家ではカビ・ダニ、塗料・建材などに含まれる有害物質により健康が脅かされますが、無垢材の家ではカビ・ダニは発生しにくく、何より有害物質、ホルムアルデヒド、家具等に使用されている接着剤の心配もいりません。

京都の注文住宅は三原工務店 イメージ図2

森に行くと落ち着くのはなぜでしょうか。天然無垢材に囲まれて生活するとなぜか心が癒されます。一般的に接着剤で固められた合板フロアーと違い、呼吸をする本物の無垢材。調湿効果があり、いつも温もりがあります。

また、木材はマイナスイオンを発生し、リラックス効果があると言われています。天然無垢材は生きていますから常に呼吸をしています。施工後にちょっとした隙間や反りが起こる事があります、最初から認識しておいて下さい。

構造材には 桧・杉・松を使用します

土台・柱には京都府内産の桧が最高と昔から言われています。腐りにくく防腐処理(有毒材)を使用しなくても白蟻が入りません。三原工務店では含水率17%以下の桧材を使用しています。
桧材には、抗菌・殺菌作用があります。

安心な素材 無垢材フローリング

床材は天然無垢材の杉や桧のフローリングを使用しています。
桧は香りも良く、抗菌・殺菌効果があり、ダニやカビの繁殖を抑えます。また、シックハウス症候群の原因で影響が大きいと言われている、ホルムアルデヒド発生の心配も一切ありません。

室内仕上材

左官仕上げの、漆喰(しっくい)塗・珪藻土(ケイソウド)塗
大工さん仕上げの杉板や桧板張り、珪藻土壁紙貼りなどを使用しています。

漆喰塗:「幻の漆喰」有明海の赤貝や銀杏草(海藻)などを使った天然素材の材料です。
光と熱に反応する独自の光熱触媒作用をもち、半永久的に室内の化学物質や有害物質を
吸着・分解して住空間の空気を清浄に保ちます。
家具や家電製品、衣服等から放出される有害物質を吸着分解し、住んでからも健康住宅のまま維持してくれます。

珪藻土塗:「ナテユール」稚内珪藻土に化石サンゴをブレンドした天然素材の材料です。
珪藻土は海中の藻(珪藻)が化石状態になって堆積したものです。
珪藻土には微細な孔が多数開いている為、水分子を吸着、放出するのに最適、室内の湿気や臭いも吸着してくれます。

自然素材断熱材 セルロースファイバー

セルロースファイバーの原料は100%が古紙のリサイクルです。
三原工務店では、地球に優しい工法エアー吹き込み工法を採用しています。
防音・防火・防虫・防湿効果に優れているので、結露も発生しません。夏の湿度の高い暑い日でも、家の中はからっとひんやりしています。モデルハウスでいつでも体感見学できます。

輻射熱(赤外線)、冷気を遮断する遮熱シート

冬は「ハイブリッドソーラーハウス」で快適。けれども“夏の暑さ”はいくら断熱がしっかりされているとはいえ、どうしても2階は暑く「どうにかならないものか」と思っていたところ、この遮熱材「遮熱シート」に出会いました。
たった8ミリのこのシートは熱線(赤外線)を97%以上永久にカットします。冬には冷たい外気を反射して暖房を室内に戻し、夏には熱線を反射、外壁からの輻射熱を遮断して室内に入れません。

この二つを合わせる事で、居間は2階への吹き抜け、ドアで隔てられていない開放的な空間、自然素材をふんだんに使いながら夏涼しく、冬暖かい家づくりを実現できるのです。

一般的な断熱材グラスウールやウレタンフォームは蓄熱しますが遮熱シートは8ミリと薄い為、蓄熱しないんです。

自然素材塗料

木酢液、柿渋液、ヒバ油、ひまわりの油、蜜蝋(みつろう)など、天然素材を原料とした塗料、天然素材の本来の効果を活かして使っています。
天然素材なので、美観も落ち着いた色を醸し出します。無垢材などの性質をそのまま活かせます。

天然い草の畳(たたみ表)

い草の畳は、空気浄化機能、保湿断熱性能、調湿性能を持っており、シックハウスの原因と言われているホルムアルデヒド、アセトアルデヒドを吸着する効果も注目されています。また、適度な弾力性があり、転んでも衝撃がすくなく安心です。また、防音効果もあります。

クローゼット・押入・物入・下駄箱の内装材に天然無垢材杉板

自然の調湿機能を活かし、内装材に無垢の杉板を使用しています。結露の発生を防ぎ、アトピーなどの原因となるダニや細菌の繁殖を抑え、ホルムアルデヒド発生の心配も一切ありません。

外壁通気工法

住まいの気密性・断熱性が高まっていることで、壁体内部の結露が原因で構造体が腐朽するといった問題が出てきました。
外壁通気工法は、外壁材の裏面に空気の通り道を作ることで湿気を放出・乾燥させ、結露の防止とともに冷暖房の効率アップに貢献します。
■壁体内結露防止 湿気を外気に放出できるので、内部結露を防止します。
■雨水の進入を防止 万が一、雨水が進入してきても、通気層を通じて速やかに排出する事が出来ます
■夏季の遮熱効果
通気層の通風により、遮熱効果を得ることができ、屋内の冷房の効率アップに貢献します